中性脂肪とコレステロールの違い

最近、コレステロールと中性脂肪の数値、両方が気になっているという方は多いのではないでしょうか。どちらも、なんとなく身体に悪そうというイメージはあるかと思いますが、具体的にはどんな働きがあるのでしょうか。

 

コレステロールも中性脂肪も、増えすぎてしまうと血液の流れが悪くなり、血栓の原因などを引き起こしたり、他の病気の原因となってしまったりする場合があります。その点で、体内に与える悪影響については似ているということがいえるでしょう。

 

コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、主にそういった悪影響を及ぼすのは悪玉コレステロールということになります。悪玉コレステロールは、増えてしまうと善玉コレステロールの働きでしか減らすことができません。

 

また、中性脂肪が増えると悪玉コレステロールが増えてしまうという原因となってしまうということもあります。ですが、中性脂肪というのは、体内で消費され、燃焼させて減少させることができます。ですので、中性脂肪を減らすようにと指導されているという方は、ご自分の努力次第で解消していくことができるのです。

 

中性脂肪を減らしたいというとき、役に立つのが青魚に多く含まれている栄養素であるDHAやEPAです。DHAやEPAには、中性脂肪を燃焼させて減少させる助けとなってくれる効果がありますので、現在数値が気になっている方や、中性脂肪の増加を防ぎたいという方は積極的に摂取を心がけていかれると良いでしょう。