中性脂肪を下げる薬は副作用が怖い?

わかっていても下げられない、、
健康診断の結果が恐い、、
手軽な中性脂肪対策を始めたい!

 

そんな方におすすめの中性脂肪対策向けのサプリ・ドリンクを紹介しています。

 

忙しくて中性脂肪対策を意識した食事や運動がなかなかできない、といった方に最適な手軽に始められる商品となっています。

 

中性脂肪を減らすサプリ・ドリンクランキング

きなりの特徴

きなりは、血中に溜まった中性脂肪を減らすDHA・EPAを配合したサプリメントです。さらに、DHA・EPAをしっかりと浸透・吸収させるためにナットウキナーゼとクリルオイルをプラス。数多く販売されている中でも一番効果が実感できるとされている今注目のサプリです。普段からお肉中心の脂っこい食事が多い、健康診断の数値が良くない、などの場合は一度お試しください。限定モニター価格で購入が可能です。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA&EPA・ナットウキナーゼ・アスタキサンチン

 

イマークSの特徴

イマークSは、中性脂肪低下に良いDHA・EPAを1本860mg配合した健康ドリンクです。血中中性脂肪120〜200mg/dlの中性脂肪が気になる男女を対象にした試験により、約20%もの中性脂肪の低下したことが判明しています。中性脂肪に効果のあるドリンクとして特定保健用食品に認定されています。これから中性脂肪対策を始めたい方、どうにも中性脂肪が下がらない方、実際に効果を実感できるイマークSをお試しください。

価格 1080円
評価 評価4
備考 DHA・EPA

 

小林製薬 ナットウキナーゼの特徴

小林製薬 ナットウキナーゼは、ナットウキナーゼを中心にサラサラ成分を多数配合したサプリメントになります。血中に余分に溜まった中性脂肪を減らすためにDHA・EPAに加えケルセチンをプラス。また、ナットウキナーゼが、血管内に付着したプラーク、血栓を溶かし健康的な血管へと導きます。当サイトから特別価格の購入ができます。

価格 1134円
評価 評価3
備考 ナットウキナーゼ・DHA・EPA・ケルセチン

 

薬には副作用がつきもの!

 

 

中性脂肪を下げる薬には、フィブラート系・ニコチン酸などの成分を含んだモノがあります。確かにこれらは効果は発揮する薬ですが、同様に副作用が出る可能性もあります。

 

たとえば、フィブラート系だと、筋肉障害(筋肉痛や脱力感など)や赤い尿が出る、といった症状になり、ニコチン酸の場合だと、火照り感が出ることがあります。

 

副作用が出るかはあくまで可能性ですし、個人差もあると思いますが、ある程度自分で気をつけておけば改善できるのに、すぐに薬に頼るのは身体に良くありません。

 

中性脂肪を減らす第一歩は生活習慣を見直すことから!

 

 

中性脂肪は、もともと生活習慣が原因になっていることが多いので、食生活や生活習慣を見直していくことで、どんどん減らしていけます。

 

そのため中性脂肪の治療は、食事療法運動療法がメインになります。

 

しかし、深刻な状況になると生活習慣の改善などと悠長なことは言っていられません。体がだるい、目まいがするなどの体の不調が出てくるようなら、すぐに病院に行って診察を受けるようにしましょう。症状や中性脂肪値が高かった場合、薬を使って治療を行わなくてはならない場合があります。

 

薬剤を処方されるということは、それだけ、動脈硬化のリスクが多いということです。忘れずにきちんと指示通り飲む必要があります。

 

病院で処方される薬は大きく分けると「フィブラート系」「ニコチン系」「EPA系」の3つに分類されます。フィブラート系は、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑制したり、血中の中性脂肪を減らす作用があります。

 

ニコチン系は、高脂血症の治療薬として前から使われていました。中性脂肪の分解を促進する作用があります。EPA系は、不飽和脂肪酸が含まれた薬です。

 

EPAには、中性脂肪の合成に必要なタンパク質を減少する働きがあるので、血中の中性脂肪を減らす作用があります。薬に頼って、生活習慣を見直すことをしなければ根本的に治癒することはありません。

 

むしろ悪化してしまう場合があります。処方される薬は確かに中性脂肪の現象には効果があるものですが、医師からは、よほどのことがない限り生活習慣の改善を支持されます。なぜなら、これらの薬は副作用も心配されるからです。

 

中性脂肪を減らす効果的なサプリ成分

 

 

食生活の欧米化に伴い、中性脂肪に悩んでいる方は昔と比べ格段に増加しています。中性脂肪とは人間の身体を動かすために重要なエネルギーで、身体に悪いイメージを持っている方は多いと思いますが、生きていくためには必要なものなのです。

 

しかし、中性脂肪が体内で増えすぎてしまい、エネルギーに変換されず体内にとどまったままになると、そのまま脂肪や皮下脂肪となってしまいます。中性脂肪はボディラインを崩すだけでなく、体内に溜まり過ぎると健康を損ねる原因となります。

 

この中性脂肪を減らすために効果的な方法の一つにサプリメントの摂取があげられます。サプリメントは中性脂肪を減らすための有効成分が凝縮されており、効率良く成分を摂取することができるのです。

 

DHA・EPA

 

DHAとEPAは青魚に多く含まれている成分で、摂取することで中性脂肪を効果的に下げてくれます。しかし、青魚に含まれているDHAとEPAはごく僅かで、効果を実感するためには多くの青魚を摂取しなければなりません。そこで有効的なのが、成分を凝縮し飲みやすく加工してあるサプリメントなのです。

 

ココナッツオイル

 

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を多く含んでいます。この中鎖脂肪酸は、脳や心臓、筋肉を動かすためのエネルギーに変換する働きを持っているため、摂取することで中性脂肪を貯めにくくする効果が期待できます。また、ココナッツオイルは代謝能力がアップし、体内に溜まっていた中性脂肪を減らす効果が期待できると言われています。

 

ナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼは納豆菌が作り出す酵素の一種で、摂取することで血液をサラサラにする効果が期待できます。また、中性脂肪が原因でできてしまう血栓を溶かす効果あり、中性脂肪による諸症状を防ぐ効果が期待できます。中性脂肪に効果的な他の成分と一緒に摂取することで、より効果的に中性脂肪を改善することができます。

 

中性脂肪を下げたい方必見のサプリはこれ