中性脂肪の症状と引き起こす病気

中性脂肪が増えたからと言って、すぐに体に異変が起こるものではありません。ですからついつい予防がおろそかになりがちになってしまいます。

 

中性脂肪値が高いということはイメージ的に血液がドロドロということです。血液中の中性脂肪が増えた時に一番注意しなければならないのが「動脈硬化」です。

 

ドロドロの血液が血管の内部にこびり付きます。中性脂肪が増えると悪玉コレステロールが増え、これがまた血管内部に付着し、血管を狭くしてしまいます。と同時に悪玉コレステロールを掃除してくれるはずの善玉コレステロールが中性脂肪が増えることで減ってしまいます。

 

このことで、血液の循環を妨げて、血管が細く硬くなっていきます。これを放置していくと致命的な病気が高い確率で発症してしまいます。それは、脳梗塞や心筋梗塞です。この病気は、場合によっては一命を落としたり、後遺症が残ったりする危険な病気です。

 

この他にも糖尿病や肝脂肪などにもなりやすくなります。脳梗塞や心筋梗塞などのようにすぐに命を落とすような病気ではありませんが、糖尿病は進行すれば、失明や神経麻痺などの症状を起こし人工透析も必要になってきます。

 

脂肪肝も肝硬変から肝臓がんになる可能性も高くなります。血管は栄養素を体のすみずみまで運んでくれる大切な器官です。何らかの原因で、傷ついても痛みも何も感じません。

 

せめて痛みを感じれば「何かおかしい」とSOSを受け取ることもできますが、それができないのが血管です。健康診断の中性脂肪の値には十分気をつけて、以上があれば生活習慣を見直しましょう。