中止性脂肪下げるために見直したい食事

中性脂肪は、そのほとんどが食事から作られます。昔の日本人の食事は、野菜や魚中心の食生活でしたから「中性脂肪」や「コレステロール」などという言葉すらありませんでした。

 

しかし、食の欧米化によって、高脂肪・高カロリーの食生活が主流となって、欧米人の病気だとされてきた心筋梗塞や脳梗塞が増えてきました。健康診断で中性脂肪やコレステロールの値が高いと診断されたら、まずは食生活を見直すことから始めなくてはなりません。

 

中性脂肪を減らすためにはどんな食事をすればいいのでしょう。一番は脂肪分の多い食材を避けるということです。牛肉を鶏肉にするなどの工夫が必要です。食事の中性脂肪を減らす食材もあります。

 

それは食物繊維と不飽和脂肪酸を含む食材です。食物繊維は、体の中の余分な中性脂肪やコレステロール、糖質などを吸収して、便として体の外に出してくれる役割があります。またDHAなどに代表される不飽和脂肪酸には、肝臓で中性脂肪が生成されるのを防ぐ作用があります。

 

食物繊維は穀物や、豆類、海藻、野菜に多く含まれています。たとえば、白米を玄米に変えるだけでも、食物繊維を多く取ることができます。不飽和脂肪酸は、イワシやサンマ、サバなどの青魚に多く含まれています。

 

しかし、ひとり暮らしなどでは、なかなか青魚を調理して食べるということが少ないかもしれません。そんな時には缶詰が手軽で、しかも栄養がギュッと詰まっているのでオススメです。

 

肉類を多く食べる現代人にとって、こうした青魚が苦手な人も多いのではないでしょうか。そんな時には、サプリメントで摂取するのがラクで効率的です。