中性脂肪下げるのに取り入れたい運動

中性脂肪を生み出す大きな原因のひとつに運動不足があります。中性脂肪はもともと、飢餓状態に備えて、万が一の時のために蓄えておくものです。

 

中性脂肪を減らす運動としてぜひ取り入れたい運動は、有酸素運動です。有酸素運動は、体内に多くの酸素を取り込むことで脂肪の燃焼を効率よくするものです。脂肪の燃焼によって、中性脂肪が付きにくくなります。運動といってもジムに通って激しい運動をする必要はありません。

 

ジョギングイメージ画像

有酸素運動の代表的なものは「ウォーキング」「ジョギング」「スイミング」です。この時大切なのが呼吸です。呼吸を意識することでより効果的な有酸素運動ができます。

 

また、運動時間も30分から1時間は続けることで脂肪が燃焼していきます。この中でも一番始めやすく、効果が出るのがジョギングやウォーキングです。道具も技術もいらないので、すぐにでも始められるメリットがあります。まずは散歩程度のウォーキングから始め、徐々にスピードや歩幅を広げていき、慣れてきたらジョギングにするといいですね。

 

くれぐれも普段デスクワークをしていて運動をしていない人が急に激しい運動をすることのないようにしましょう。突然運動を始めてしまうと心臓にも負担がかかる上、膝を痛めたりします。

 

膝を痛めたりすると日常の動きもできなくなり、ますます運動不足になってしまいます。まずは張り切りすぎずに、自分の体調に合わせた運動方法を選ぶことが大切です。

 

エネルギーの消費とともに、運動することで筋力がつき、体内の血行が良くなります。ふくらはぎをは第二の心臓と言われるくらいで、この筋肉を鍛えることで血流が格段に良くなります。