中性脂肪が高い原因となるタバコ

中性脂肪が気になっているという人で喫煙している人がいるのであれば、今すぐにタバコ早めたほうがいいと思います。タバコというのは中性脂肪と密接した関係にあるからです。今日はそのことについて、色々と調べてみたので自分なりにまとめて書いていこうかと思います。

 

百害あって一利なし

 

タバコは本当に百害あって一利なしという言葉がぴったりあいますね。ニコチン、タール、一酸化炭素、ニトロソアミン、窒素酸化物など、ほんとうに体に害しか及ばさないものを吸い込むわけですから、そりゃ肺も真っ黒になりますよ。それに、ニコチンの作用で血管が一気に収縮して、血流が本当に悪くなります。

 

血流が悪くなれば血圧も上昇します。もし、この血圧が非常に高くなっている状態が続いてしまうと、心筋梗塞や狭心症などといった、生死に係る病気になってしまうのです。

 

そして調べた結果ではどうやら、喫煙者と禁煙者のコレステロール値には雲泥の差があるらしく、喫煙者のコレステロール値はもうひどい状態だといいます。

 

ちなみにタバコには、善玉のHDLを減少させてしまう働きもあるので、血管の収縮による動脈硬化になる可能性が非常に高くなるのです。

 

喫煙というのは、LDLを酸化LDLという悪玉菌に変化させる手助けをしてしまうので、現段階で中性脂肪やコレステロール値が高いという人にたばこを与えるともう最悪な状態になってしまいます。

 

なので、今たばこを吸っている人の中で中性脂肪などがたかいというひとがいるのでしたらいますぐにやめるべきだと思いますね。