中性脂肪が突然高くなることあるの?

血液検査では中性脂肪値やコレステロール値のも調べます。暴飲暴食を続けているわけでもないし、積極的に運動もして、自分なりに健康的な生活をしていたにもかかわらず、突然高い数値を示すことがあります。

 

何かの病気ではないかと心配する人もいますが、検査直前の食事の内容が反映されることがほとんどです。たとえば、前日にケーキバイキングに行った、飲み会があった、など糖質の高い食事をとっていると、すぐに中性脂肪に反映されます。血糖値と連動するので、同時に血糖値も高くなっていることが多いです。

 

いつも通りの食生活に戻して、再検査を受ければ、たいていは正常の値に戻ります。慢性的に血液中に中性脂肪が多い状態が続くいている場合には、内臓脂肪が多くついている可能性があます。

 

内臓脂肪が多いと、膵臓が酵素を分泌して代謝活動に追われるため、疲弊して最終的には糖尿病を発症するので、食事の管理が大切になります。

 

妊娠中ではなく、過剰な糖質の摂取をしていないのに、中性脂肪値が突然高い数値を示した場合には、病気が潜んでいることもあります。

 

突然でなくても、中性脂肪が高い値を推移している場合、肝臓の機能が低下していることがあります。肝臓に過剰な脂肪が溜まって、メタボ体型にならないように食事や生活習慣への注意が必要です。肥満は、肝臓だけでなく、あらゆる部位に病気を発症させる原因です。

 

まずは、糖質の摂取量を見直して、過度に摂取しないようにすることが大切です。糖質はスイーツだけに含まれているものではありません。主食やアルコールにも含まれています。

 

すべてシャットアウトする必要はありませんが、食事は栄養のバランスを考えて、たんぱく質や野菜の量を多めにするとよいでしょう。体重のコントロールが上手くできれば、中性脂肪は正常値に戻ります。